新着情報

ブラックボード

更新日:2013/02/06

83-1

「ジャパニーズパラドックス」とは日本が欧米諸国に比べて喫煙率が高いにも関わらず、

喫煙によってリスクが上がるはずの心筋梗塞の発生率が少ない事から生まれた言葉です。

その謎を解く鍵は「緑茶」にあります。

緑茶に含まれるカテキンやタンニンは抗酸化作用があり、血管内で悪玉コレステロールが酸化して動脈硬化が進むプロセスをブロックしてくれます。

緑茶にはその他にも脳梗塞を予防するテアニンや血糖値の上昇を防ぐポリカッサライドも含まれています。

ページトップへ