新着情報

眼には見えない部分があるのをご存知ですか?

更新日:2015/07/03

眼には見えない部分があるのはご存知ですか?
マリオットの盲点 と言って、

 

眼球から視神経が出て行く場所で
ここには光や色を識別する細胞が存在しないので
視覚の盲点となります。

両目でお互いの盲点を補正し合っているので、
日常生活で盲点を感じる事は無いのですが片目だけだとはっきりと分かります。

右目を手のひらで覆い(目は開けたまま)、左目だけで下のイラストを見ます。

blindspot

この状態で左目の正面に、右の黒い点がくるようにします。
左目は黒い点を見つめたままにし、動かさないようにします。
左目をこの点に固定しながらも、左側にあるバツ印を意識するようにします。

この状態で、少しずつ画面に近づいていきましょう。

そうするとある距離でバツ印が消える瞬間があるはずです。

これがマリオット盲点です。さらに近づくと、マリオット盲点をはずれて、バツ印がまたあらわれてきます。

F0S-12-S2958

↑右の明るい穴のような所が、

視神経や動脈の通り道で盲点となる場所です。

ページトップへ